CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
UTOPIA最後の世界大戦
UTOPIA最後の世界大戦 (JUGEMレビュー »)
藤子・F・不二雄,藤子 不二雄A
RECOMMEND
オッス!トン子ちゃん [3巻セット]
オッス!トン子ちゃん [3巻セット] (JUGEMレビュー »)
タナカ カツキ
孤独こそ 人間が強烈に生きる バネだ!
孤独こそ 全人類と結びつき 宇宙にむかって
ひらいて いくんだ
RECOMMEND
テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ
テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ (JUGEMレビュー »)
伊藤 剛
手塚治虫=神という戦後日本漫画界の絶対的構図を否定し、漫画評論に新たな息吹をふきこんだ名著。漫画に明確な価値基準を求めた点で、いままでの漫画評論の本とは一線を画す。
RECOMMEND
汽車旅行―復刻版
汽車旅行―復刻版 (JUGEMレビュー »)
大城 のぼる
日本漫画表現史上大変重要な作品。著者は『火星探険』の大城のぼる。漫画表現において初めて『同一化技法』を使用したとされるエポックメイキングな漫画作品。もちろん単純に一つの作品と見ても、上質な絵本のように親子で楽しめる素敵な漫画。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

昭和15年に発行され、戦前の幻の漫画作品といわれた、旭太郎(原作)大城のぼる(絵)の世界で初の長編SFストーリー漫画。
100%ORANGEや寺田順三、スドウピウ作品などカワイイ雑貨や絵本など好きな女性は(もちろん男性も)ぜひ騙されたと思ってこの「火星探険」を読んでみてください。
主人公、テン太郎くんのお供の猫のニヤン子、犬のピチクンが可愛くてたまりません!!
きっとあなたのお気に入りの一冊として、本棚に永遠に居続けることでしょう。
RECOMMEND
正チャンの冒険
正チャンの冒険 (JUGEMレビュー »)
織田 小星, 樺島 勝一
日本の漫画として、初めてコマ割とフキダシを使った画期的な作品。内容は幻想的なものが多く、バウケンカ(冒険家)の正チャンがお供のリス(名前もリス)と様々な場所を冒険するというもの。
「シッケイナ」byリス
「コノカボチャアタマメ」by正チャン
などと名ゼリフ多数。
愉快痛快な漫画です。
音読して読むと8倍くらい楽しめますので、音読をオススメします。
RECOMMEND
きょうの猫村さん 1
きょうの猫村さん 1 (JUGEMレビュー »)
ほし よりこ
日本漫画界において、ストーリーではなく表現形式によって漫画が差別化できる時代になったという、象徴的な作品。猫村さんの唄、そしてネコムライスが良い。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
手塚前派による、漫画評論、及び活動日記
本家→手塚前派・http://tedukazenha.com/
コミティア76 同人誌レビュー


続きの第2弾です。

・『その他アレコレ』/ビタミン

紹介文を書きま〜す!!


ビタミンさんの漫画は、とってもハイテンションで笑える漫画なんですよ♪

絵もカワイイんです♪

『よつばと』とか好きなのかしら?

女の子がこれまたカワイイんですよ♪

目に星が入ったときとかドキドキしちゃいます☆

初めてビタミンさんの本を買ったのは『爆音少女』という本だったのですけど…

なんかとってもバカバカしくて、それでいてほのぼのしていて、ギターで人をぶん殴っちゃったりして、ベースを弾くと地面がわれちゃったりして、伝説のギターがあんな形だったりして、ただのケンカかと思いきや校長いわくそれがジャムセッションなんだったりして、続きが出るのかと思いきや1年たっても続きは出なくて、でもビタミンさんはコミティアに毎回参加していたりして、

ね☆

とってもおもしろそうなサークルさんでしょ♪

それで本題の『その他アレコレ』なんですけど、

ご本人いわく投稿した作品を集めた本なんですって♪

まさに『その他アレコレ』だよね♪

どんなアレコレが収録されているのかな?

『スイッチ』
『中坊ライフ』
『青春ポエマー』

3作品入ってるね♪

どれもとってもオモシロイヨ♪

ご本人はとっても謙虚ないい方で、作品とのギャップがあってとてもオモシロイヨ♪

一度じっくり話してみたいヨネ♪

ギャグのセンスはすでに商業誌レベルのとってもオモシロイサークルさんだからね♪

みんなも次回のコミティアでは、ぜひチェックすることをオススメするヨ♪



(…え〜、そこはかとなくビタミンさんの作品のテンションがみなさまにご理解いただけましたでしょうか?

言葉ではうまく説明できなかったので、なんかこう雰囲気を感じていただけたらな〜と思いました。

後は実際に読んで確認してくださいませ〜☆)
| コミティア同人誌レビュー | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コミティア76 同人誌レビュー


今回は5月5日のコミティアで購入した同人誌のレビューです。

特にお気に入りの2冊のをピックアップしました。

その2冊とは…



・『騎士物語』/大四畳半
・『その他アレコレ』/ビタミン


以上の2冊です。


では、まず大四畳半の『騎士物語』から。

ロシアの大地を舞台に繰り広げられる、ロシア帝国と諸民族、トルコ帝国等諸外国との戦いの歴史を描くシリーズ。

現在何冊目かというのは不明なのですが、私が始めて買った同人誌がこの大四畳半の『騎士物語-衝撃プラウダ-』でした。

この物語にはギアと呼ばれる、巨大ロボットのようなメカが登場します。
またこのデザインがカッコイイのです。
なんというか真鋳で出来ていて、ネジ巻きで動いているようなレトロフィーチャーなメカなのです。統一以前のロシアには各国にそれぞれこのギアを所有しており、それは守り神のように国を象徴する存在として描かれています。
そのデザインはそれぞれ異なっており、基本は人型なのですがまるで異形のような生物的かつグロテスクな雰囲気を持ったものもあります。

このギアがまた重量感があって素晴らしいのです。
決して飛んだり跳ねたりしない。ギリギリという金属のこすれあう音をたてながら不恰好に動き、戦いの際も一瞬のスキを狙ってスキを読みあい一撃にて相手を葬り去る。

そんなリアリティが、ロシアという現実の大地、実際の歴史のなかに架空のギアという存在を描き出しても違和感を感じさせないのかもしれません。

また登場するキャラクターも大変魅力的で、ひとくせもふたくせもある奴等がたくさん登場します。基本的にみんな目が若干よどんでいるのですがw、いわゆるガンダム、エヴァ等の作品のように皆、利害関係や損得勘定を基本に生きている人物達です。

その中で主人公や魅力的なキャラクター達は己の信念という亡霊にとりつかれるように国家間の戦争に巻き込まれていきます。

正直いってまだ全体像を把握しきれていないのですが(どれが正史で外伝か?といった部分も分かりづらいかな)、壮大なバックグラウンドを感じさせる作品です。

今回はコピー本でなく、初のオフセット本での発行。白黒のバランスがコピー本のときと比べて格段によくなっております。いままで未完成な部分が若干目立っている部分があったのですが、かなりの調整を加えることによって、ラフな絵柄が作品世界とうまく融和しはじめています。
この方の描画の方法論は、今後さらなる飛躍が望めると期待しています。

コミティアには毎回参加されていられる方なので、興味を持った方ぜひ手にとって読んでみてはいかがでしょうか。
コミティア内でもかなりレベルの高い作品の一つであることは間違いないでしょう。



・第2弾『その他アレコレ』/ビタミン

に続く。
| コミティア同人誌レビュー | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |